外壁塗装

皆さんは外壁塗装の役割をご存知でしょうか?
外壁塗装は、単に見た目だけのために行っているわけではございません。
外壁塗装の本来の目的は、【外壁材の保護】なのです。雨風はもちろんのこと外気温などから室内を守る役割がございます。
そしてその外壁材を塗装の被膜で覆い、保護をして長持ちをさせるのが、外壁塗装の役割なのです。

また外壁塗装の塗料には、様々なカラーバリエーションがあるだけではなく、防湿性や遮音性など、様々な機能性を持つ塗料もございます。

当方はそのような外壁塗装をメインに行う塗装工事のプロです。
ご依頼をいただいた際には、お客様のご要望や理想のイメージをお聞きし、お客様にとって最適な工事のご提案を行います。
そしてお客様が安心して快適にお過ごしいただけるような、そんな外壁塗装工事をお届けいたします。

■このような症状があればご注意ください!

○壁を触ると手に白い粉が付く

【危険度:このような症状は『チョーキング現象』と呼ばれており、紫外線や雨風による塗料の劣化が原因で発生します。

○カビやコケの発生

【危険度:カビやコケといった汚れは、とくに湿気の多い日陰や家の裏手などに発生します。この汚れは悪化がしやすく、気づけば重大な雨漏りの発生にも繋がるため、早めの対処をオススメいたします。

○ひび割れが発生

【危険度:ひび割れは『クラック』とも呼ばれており、割れ目には塗膜がないため、外壁材に直接、雨風や紫外線のダメージが当たってしまいます。しかし早めに補修を行うことで、対処することも可能ですので、発見した際にはお早めにご相談ください。

○塗膜の浮き・剥がれ

【危険度:最高浮きや剥がれは、どんどんと広がっていき、外壁材へのダメージはもちろんのこと、建材が弱ってしまうなど、非常に危険な状態に近いです。早急な塗り替え工事をオススメいたします。

お住まいの外壁は、10年に一度が塗り替えの目安です。お住まいやご家族の暮らしを守るためにも、このような症状を発見した際は、ぜひお早めに当方までお問い合わせくださいませ。

■外壁の耐久性が低下すると

〇防水効果が低下する

雨や紫外線の影響から守る塗膜の効果が低下すると、雨や湿気が建物内部に浸入するようになります。
防水機能を保つためにも、定期的に塗り替えを行うことが大切です。

〇ひび割れから雨水が浸入

発生したひび割れをそのまま放置してしまうと、そこから雨水が浸入してしまう恐れがあります。
ひび割れから雨水が浸入すると、木材が腐ったり、鉄筋コンクリートにサビが発生したりとお住いをさらに劣化させていきます。

〇外壁内部に劣化が及ぶ

劣化症状が進行すると、外壁内部や躯体の腐食していきます。
さらに、シロアリの発生といった事態も考えられます。
シロアリは、お住まいの耐久力を著しく低下させる恐れがある危険なものです。
大規模な工事が必要になる前に、早めの対策を心がけましょう。

■近年話題の無機塗料とは?

無機塗料とは、塗料の原料に無機物を配合した塗料のことです。無機物は、石やレンガなどのような炭素を含まない物質で、紫外線などの影響を受けても劣化しません。そのため無機物自体は半永久的な耐久性を持っています。

この無機物100%の塗料は、今のところ存在しませんが、無機質の耐久性を活かしつつ、合成樹脂などの有機物を多少混ぜたものが無機塗料です。
この無機塗料は、耐久性が高いため、メンテナンスや塗り替え工事の頻度を抑える効果がございます。

無機塗料に関してのご質問や塗装工事のご依頼はお気軽に当方までご相談くださいませ。

その他塗装に関する豆知識はこちら

一覧ページに戻る